top of page
検索
  • hohoemi

ティク・ナット・ハン師最後の法話

2014年10月27日、タイ(ティク・ナット・ハン師)が脳梗塞で倒れ言葉を失う直前の(言葉という形では)最後の法話です。フランス語で開催された教育者向けリトリートでの30分弱の法話になります。

まずは自分の内側に帰ること、今ここで幸せの条件があることに気づくこと、サンガを築くこと、そういったことの大切さを伝えてくれています。教育者だけでなく、すべての人にとって大切な、タイの教えが凝縮された30分間の法話です。

ぜひご覧ください。



Comments


bottom of page